ブライトニングソープで潤いが保てる?保湿効果を検証

メコゾーム ブライトニングソープと泡のイメージ写真

メコゾームのブライトニングソープは、きちんと汚れは落としたいけども潤いはしっかり保ちたい、そんな女性たちの声から生まれた洗顔石鹸です。

 

雑誌掲載で多数取り上げられているので、評判を耳にしたことがある人も多いと思います。

 

では、実際にブライトニングソープで潤いが保てるのでしょうか。
その保湿効果を検証してみました。


モニター調査では90パーセント以上の人が良さを実感

ブライトニング使用者にモニター調査をしたところ、なんと90パーセント以上の人がその使い心地の良さを実感したようです。

 

モッチリ泡の質の良さに続き、洗い上がりの感触が良いという人が多数いました。

 

それはブライトニングソープに含まれている、マリンプロテインエキストラクトと呼ばれる海洋複合酵素が関係しています。

 

その酵素によってキレイになったお肌に、ブライトニングソープに配合されている潤い成分が効果を発揮します。
酵素と潤い成分のパワーで、洗顔後も高い保湿効果を実感できるのです。

どうしてスッキリ洗顔しているのにシットリするの?

ブライトニングソープには、海洋複合酵素という海の酵素がタップリと凝縮されています。

 

この海の酵素がお肌の角質層の深いところまで行き届いて、お肌に負担となる汚れだけをキッチリと浮き上がらせます。

 

さらに、上質の泡がシッカリとその汚れを吸収して、泡と共に洗い落としてしまいます。
この時点で不必要な汚れだけが洗い流されて、大切な皮脂はお肌に残るメカニズムとなっています。

 

洗顔後も酵素の働きにより本来お肌がもっている力で、多少の潤いを保てていることになります。

 

そうしてキレイになったお肌に、配合されている植物エキスやコエンザイムQ10などの成分が働くことで、よりシットリと保湿効果を高めます。
それにより、スッキリした洗い心地と洗顔後のシットリ感を実感することができます。

 

洗顔ってシッカリとしたいけど、その反面お肌の乾燥が怖いですよね。

 

そんな悩みを抱える方にとっても、値段もお手ごろで保湿成分も配合された酵素洗顔ですので、一度試してみてはいかがでしょう。